協議離婚

相談料金

(初めての方)
(初めての方)
面談(90分)
12000円
面談(120分)
15000円
面談(150分)
18000円
電話
※同上
スカイプ
※同上
プラス60分
10000円
もっと詳しく
協議離婚
協議離婚の流れについてお話します。

協議で決めておくべきことは?

協議離婚に際し決めておくべきことには、養育費、財産分与、慰謝料、親権者、看護者、面会交渉、婚姻費用などがあります。

とりわけ養育費、財産分与、慰謝料については、誰が誰に、いつ、いくら、どのようにして支払うのかを決める必要があります。

養育費は子供が受ける権利であって親が支払いたくない、もらわなくてもいいという問題ではないことを認識しておきましょう。

決して、離婚した相手に払うものではなく、親として子供に対する当然の義務だということを忘れてはなりません。

離婚に関する合意書(離婚協議書)に入れる事項は以下のようなものがあります。

①協議離婚すること

②財産分与

③慰謝料

④養育費

⑤未成年の子供の親権者・監護者の決定

⑥面会交渉権

⑦戸籍筆頭者でない者の離婚後の氏の変更・不変更(相手の同意は不要)

⑧離婚届提出日、どちらが提出するか

離婚届が受理されたあとで、そんな約束をした覚えがないというトラブルにならないように合意書を必ず作ることをお勧めします。

ただし、約束が守られなかった場合、「離婚に関する合意書」では法的な執行力がありません。

お金に関する事項が含まれている場合は「強制執行認諾約款付き公正証書」を公証人役場で作成しておくべきです。